ADO AIR28 レビュー

ADO AIR28 レビュー

巡洋艦の如く新しいスタイリッシュなデザインと、通勤者にとって日常的な実用性の完璧な組み合わせ

もしオランダの巡洋艦と都市通勤用自転車が一緒になったらどうなるのでしょうか?答えは、ADO Air 28です。


このADO Air 28のレビューでは、ADO Air 28がオランダ風の巡洋艦と実用的な通勤自転車のデザイン要素をどのようにうまく融合させたかを詳しく紹介します。快適な直立ライディングポジション、バックスウィープハンドルバー、ステップスルーフレームはモダンなスタイルを持ち、LEDヘッドライト、前後フェンダー、サスペンションフォークは通勤用としての特徴をしっかりと表しています。


ADOは、バッテリーをシートポストに統合するというユニークなデザインアプローチを採用し、スリムな外観を実現しました。これにより、バッテリーの取り外しが簡単になり、自転車の操作時にバランスが向上します。
G-DRIVEカーボンベルトドライブ装置は、静かでメンテナンスがほとんど不要な上、滑らかな動力伝達を提供する優れた機能です。適切なギア比のシングルスピードトランスミッションのおかげで、Air 28は電動アシストなしでも快適なライディングを楽しめます。


通常、電動自転車の重量が無視できない問題となりますが、ADO Air 28は21KGと良好なバランスを実現しています。頻繁に持ち上げたり、狭いスペースに保管したりする必要がある人にとっても扱いやすい重さです。以下のADO Air 28レビューで、全ての詳細とテスト結果をぜひご覧ください!

 

ADO AIR28の強み

  1. ユニークなバッテリー配置方法、バッテリーがシートポストと一体化されています。
  2. G-DRIVEカーボンベルトドライブは、清掃の手間をなくし、トラブルも少なく、スムーズな走行を実現します。
  3. 調整可能なフロントフォークサスペンションは、平地ではロックし、複雑な地形ではアンロックすることで快適性と柔軟性を大幅に向上させます。
  4. この自転車は重量が21kgと軽く、取り扱いや利便性を心配する方には最適で、日常の実用性を高めます。
  5. 通勤者に適したリアキャリア、荷台、前後フェンダー、および前方のLEDライトが装備されています。
  6. 350Whのバッテリーと350Wのモーターを搭載しているため、期待以上の航続距離を実現しています(当社のテストでは91kmまで達しました)。
  7. 3.5インチのカラフルなLCDディスプレイは、直射日光の下でも良好な視認性を提供し、IPX7レベルの防水機能を備えています。
  8. 自転車の油圧ディスクブレーキと160mmのローターは優れた制動力を提供します。

 

ADO AIR28スピードテスト

現実を直視しましょう。都市通勤用自転車は、スピード記録を破るために作られたわけではありません。多くの通勤車と同様に、Ado Air 28は快適性と使いやすさを兼ね備え、必要なときに信頼性の高いパワーブーストを提供します。では、速度テストの結果を見て、ADO Air 28のパフォーマンスを確認しましょう。


地元の多目的道路の平坦な区間でADO Air 28の速度テストを行い、各ペダルアシストシステム (PAS) 設定での最大速度を測定しました。自転車はトルクセンサーを使用して、ペダルを踏む力に応じてモーターがどれだけのパワーを供給するかを判断します。そのため、このテストを行う際には、一貫して適度な力でペダルを踏み、速度の限界を確認しました。


まず、自力のみ(PAS 0でモーターアシストなし)でスタートし、時速7.9マイル (mph) に達しました。次に、最低のアクティブペダルアシスト設定であるPAS 1では、モーターが少量のパワーを提供し、自転車の速度は時速9.5マイルに達しました。PAS 2にアップグレードすると、時速13.1マイルに達しました。最後に、最高のペダルアシストレベルであるPAS 3では、自転車の速度は時速20.2マイルに達しました。


低いPASレベルは、地元の道路でのリラックスした移動に適した、より繊細でスムーズなアシストを提供しますが、PASレベル2と3は最も実用的な速度を提供すると感じました。PASレベル2と3の時速13-20マイルの範囲は、ほとんどのライダーにとって非常に魅力的な「ベストスポット」を提供すると考えています。


スロットルに関して言えば、自転車の速度は時速22.4マイルに達し、その後モーターが切れるのを感じます。トルクセンサーを搭載したシングルスピードバイクとして、スロットルモードを有効にするには、ペダルを1回転または2回転させる必要があります。


また、シングルスピードのドライブトレインについて言えば、Air 28のギアシステムが気に入っています。ペダルアシストシステム(PAS)の各レベルで適度な抵抗があり、時速約19~20マイルに達するまで快適にペダルを漕ぐことができます。モーターアシストなしでも、時速7~12マイル程度のゆっくりした速度で楽にペダルを漕ぐことができます。結局のところ、これらは電動自転車ですが、バッテリーが切れた場合でも、少なくともADO Air 28は帰宅のために必要なギアを提供します。


さらに重要なのは、350WのモーターがすべてのPASレベルでスムーズかつ一貫したパワーブーストを提供することです。これにより、ADO Air 28は日常のライディングに実用的で楽しい選択肢となります。

 

ADO AIR28走行距離テスト

電動自転車メーカーは、ユーサーに心躍るような航続距離を提示します。推定値も無論無視できませんが、最終的には実際のテストが重要です。さて、これらの航続距離を実際の道路でテストする時が来ました!


ADO Air 28は、36V、9.6Ahのバッテリーを搭載しており、これにより346Whの電力が提供され、ライディングをサポートします。


ADOの技術員によると、一般的な航続距離の推定値は100キロメートルで、これはユーザーにとって約60マイルに相当します。私たちも皆さんと同様に、この航続距離の結果を楽しみにしています。


最低のPAS 1レベルでの航続テストでは、合計で56.9マイルを走行し、978フィートの高度を登り、平均速度は10.8マイル/時、所要時間は5時間16分でした。一方、最大のPAS(レベル3)のテストでは、25.6マイルを走行し、平均速度は13.10マイル/時、高度は449フィート、総走行時間は1時間57分でした。

ご覧の通り、これらの結果は航続距離の推定値と完全に一致しており、これは常に驚きです(データが虚偽ではないことを示しています)。この場合、自転車の350Wモーターはトルクセンサーと組み合わせており、モーターからのアシストを得るためにライダーが少し多めにペダルを漕ぐ必要があります。そのため、航続距離が向上しています。


全体的に見て、自転車の軽量設計、トルクセンサーによるモーターのアクティベーション、そして半滑らかなタイヤが相まって、私たちの期待通りの航続距離結果を実現しています。

ADO AIR28ブレーキテスト

ADO Air 28の標準的なブレーキテストでは、この自転車は油圧ディスクブレーキと160mmのローターを装備しており、私のお気に入りのポイントです。


3回の試行の平均制動距離は1.2メートルでした。この成績は同カテゴリーの製品の中でどう位置づけられるでしょうか?結果は非常に良好です!この優れたパフォーマンスは、同カテゴリーのほとんどの製品がより大きなローターを使用しているため、予想される「平均的な」結果よりも良かったからです。


ブレーキの寿命については現時点では確定的なことは言えませんが、現時点では安全な距離内で信頼性のある制動力を提供しています。
今週、私は約60マイル(約96キロ)を走行しましたが、ブレーキは一貫して良好な性能を発揮しました。レバーは優れたフィードバックを提供し、ブレーキ自体は毎回スムーズで安全に停止しました。


ただし、緊急停止時には後輪が時折ロックしてスリップすることがあります。幸い、自転車はスリップ中も安定しており、意図しないスピンアウトは発生しませんでした。


全体として、私はADO Air 28の制動性能に非常に満足しています。軽量な設計、敏感な油圧ディスクブレーキ、そして160mmのローターの組み合わせが、あらゆる状況で信頼性のある制動を提供しています。

 

ADO AIR28走行体験

 

もし乗り心地を簡単に表すなら、「スムーズな機能」です。しかし、これだけではあまり伝わらないことので、ADO Air 28の乗り心地について詳しく説明します。
この自転車をテストしている間、私は本当にライディングを楽しんでいました。
調整可能なステム、ハンドルバー、サドルの高さにより、ライダーが最適なポジションを見つけることができ、全体的な乗り心地が向上します。この自転車のクルーザーデザインは、ライダーが直立した姿勢を保ち、前方の道路をしっかりと視認できるようにします。

通勤者はヘットライト、リアキャリア、サドルバッグホルダーなどの追加機能を気に入るでしょう。
下部には、半滑らかなトレッドパターンを持つ26×1.95インチの耐パンク朝陽タイヤが装備されており、非常にスムーズな乗り心地を提供し、路面からの騒音はほとんどありませんでした。さらに、滑りやすい路面で数時間走行しましたが、タイヤのグリップは一貫しており、カーブでも安全に走行できました。

滑りやすい路面に関して言えば、ADO Air 28の前後フェンダーは色合わせされた金属製で、道路上の雨水や水たまりからしっかりと保護してくれます。
ADO Air 28の大きな特徴の一つは、ユニークなバッテリー配置です。バッテリーはシートポストとしても機能します。バッテリーの配置と全体的な見た目は非常に気に入っていますが、特に長距離ライドではスタイルと快適性の間でトレードオフが必要です。

従来のシートポストは曲がり、路面からの衝撃や振動を吸収しますが、この場合、シートポストはバッテリーでもあるため、曲がりやショックを吸収する機能はありません。しかし、正直なところ、一時間以上のライドでなければ気づかず、短いライドでは全く気になりませんでした。

ADO Air 28で私が最も気に入っている機能の一つはトルクセンサーです。トルクセンサーは非常に精度が高く、350Wモーターの助けを借りて自然なペダリングの力を即座にそして的確にアシストしてくれます。特に気に入っているのは、ペダルアシストが急に作動することなく、スムーズにアシストが上がっていく点です。これはケイデンスセンサーを搭載した自転車によく見られる問題とは対照的です。

フロントフォークサスペンションにはロック機構が付いています。テスト期間中、圧縮の調整は通常の道路の振動に対してはあまり効果がありませんでした。これは主に、自転車のジオメトリが体重をハンドルバーではなくサドルに多く分散させるためだと考えられます。しかし、複雑な地形や減速帯などの急な変化に対しては、特にスタンディングポジションでハンドルバーに体重をかけたときに、フロントフォークは優れたパフォーマンスを発揮しました。

また、ADOはAir 28と連携するiOSおよびAndroid用のアプリも提供しています。このアプリでは、ライディングデータ、エラーログ、KM/MPHなどの設定、さらには製造およびテスト施設のバーチャルツアーなど、さまざまな拡張機能を利用できます。テスト期間中にこのアプリを使いこなすようになり、自転車をOTA(無線)で更新できる機能が非常に便利だと感じました。

Reading next

電動自転車を常に美しく保つために!

Leave a comment

All comments are moderated before being published.

This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.