Skip to content

ADO 実験室 - 素晴らしいユーザー体験を創造する

今まで、ADO電動自転車と他社の電動自転車との違いは、ADOが強力な製品品質管理能力を持っていることです。

今まで、ADO電動自転車と他社の電動自転車との違いは、ADOが強力な製品品質管理能力を持っていることです。
ADOブランド設立1周年を記念日には、ADO 電動自転車ラボラトリーが開設されるにあたり、約250万ユーロが投じられます。この決断は多くの人にとって狂気じみているように思えるかもしれません。本当に莫大な資産を投じる価値があるのでしょうか?創業者のセン氏は、「ADOブランドを長期的なブランドに育てたいと考えています。 ADOはユーザーがの要求に満足ために、ラボは最高の体験を提供したのツールと手段です。ラボラトリーだけが、強い製品品質を持ち、ユーザーにとって最高の体験をもたらす製品を作ることができるのです。

ADOは「都市通勤の毎日を守る」という初心を堅持し、業界初の国際認証基準であるSGS-ADO EBIKE QTL Labの認定を受けます。これは、ADOの検査・試験能力、革新的な研究開発能力、実験室の管理レベルが国内トップ業界のレベルに達していることを証明し、ADOの全ての製品は厳格な品質試験を経て国際基準を満たす高品質な製品であることを意味します。

SGS(Societe Generale de Surveillance S.A.)は、国際的に認知された製品品質管理と技術鑑定機関であり、世界最大かつ最も資格のある認証機関です。その中で、HUAWEI、TCL、ハイアールなどの中国ブランドもSGS認証を製品の品質基準として採用しています。

では、ユーザーにとってはどうでしょうか?

高品質、長寿命、最大10年
ADOは先進的な試験機器と実験設備に投資し、新車試験、部品試験、電気システムの安全評価と試験、機械疲労試験などのX試験項目をサポートし、車両性能、機械性能、材料性能、強度性能などX種類の機能試験をカバーしています。試験方法はSGS組織の基準に従っています。各コンポーネントと車両全体は、工場を出る前に厳格な品質検査に合格し、品質保証を確保します。

例えば、ADOのフレームは10,000回の材料硬度テスト、自然老化テスト、材料耐食性テスト、さらに強度振動テストと圧力疲労テストを受け、フレームのフロントフォークは10,000回の衝撃テストを受けます。つまり、ADOのフレームは最長10年間使用でき、非常に頑丈で、塗装が剥がれにくく、過酷な天候でも非常に安定しています。

同時に、新型車は1万回以上の強度ストレステスト、機械疲労テスト、機械性能テストを経て、製品の品質を最大限に追求し、ユーザーに長寿命の製品を提供します。

安全で信頼性が高く、安定したバッテリー寿命と耐久性を備え、最大100kmの走行が可能です。

ユーザーが最も気にするのは電池の安全性でしょう。この点、ADO研究所は電池の厳格な製造基準と検査基準を持っており、製造基準に従って生産された電池が安全であり、安定した寿命を持ち、長い間安定して機能することを保証します。

バッテリーの寿命:
低温環境で、バッテリーが低温(-20度)で安定した電流を放電できるかどうかを観察します。
通常の温度環境で、一般的なシナリオでバッテリ容量が適格であるかどうかを確認します。
バッテリーの充放電に異常がいないか、高温環境(55度)でテストします。また、温度センサーの性能も調査します。
バッテリーの充放電を複数回行い、バッテリーテストデータが適格かどうかを観察します。
8時間後、全てのバッテリーの安定性を確認するために12回のテストを行います。

最後にバッテリーの損傷を防ぐため、SGS認定のバッテリー保護ボードを取り付けます。

電動アシスト自転車5台のバッテリーデータを、デコボコ道区間を○時間走行してバッテリーの安全性に影響がないかなど、新製品の実走行でテストします。安全性に問題がないことを確認した上で、バッテリーの最終生産・量産を行います。検査はAQL基準に厳格に従います。この厳格なプロセスにより、ADO電池は安定したエネルギー出力、品質、電池寿命、寿命を提供することができます。

ADOの新製品開発・設計は、人間工学に基づいた同時に、市場の需要に応じて高スパン・低スパン試験を実施し、最も快適なモデルが設計されるようにします。

同時に、ADO車両の制動能力テスト、登坂能力テスト、パワーアシスト比テストなど、スムーズな走行テストも行います。砂利道や悪路など複雑な路面状況でも、最速時速は25km/hに達し、上り坂はスムーズで省力化され、制動距離は短く安定し、衝撃吸収能力も高く、ユーザーの究極の快適な乗り心地を追求します。

製品開発中、ADOは消費者サイドからユーザーのニーズや提案を収集し、製品研究所に対応します。ラボ部門は確認後、製品を設計・改良します。例えば、タイヤサイズを広げたり、グリップを向上させるためにハンドルバーの幅を広げたりします。同時に、お客様のニーズに応えて、ミッドモーターの電動自転車も開発されています。

同時に、サービスについて、ADOはドイツとイギリスで48時間以内の配送を実現し、ユーザーは注文後48時間以内(営業日)に製品を受け取ることができます。アフターサービスについては、ADOはドイツに自社製のアフターサービスセンターとアクセサリー流通倉庫を持ち、ユーザーがご心配なく電動自転車を使い下さい。

ADO電動自転車は、厳しい生産基準と検査基準に合格した後、国際的な専門検査機関であるDEKRAとSGSに申請し、専門機関による製品の安全性と品質検査を受け、国際的に認められたDEKRAマーク認証とSGS CE認証を取得することに成功しました。これは、ADO電動自転車の安全性と高品質を強く証明するものです。

Dece 300電動自転車がSGS性能テスト済みマーク(SGS性能テスト認証サービス)に合格しており、以下のQRコードをスキャンすることで証明書を照会できることです。この認証に合格できる中国ブランドはほとんどありません。ADOはそれを成し遂げました。ADOは中国ブランドのベンチマークとなるべく努力しています。
Leave a comment

Your email address will not be published..

Cart

Your cart is currently empty.

Start Shopping

Select options