ADO製電動自転車の耐温性

冬でも夏でも、多くのサイクリストがバイクの保管方法や性能、安定性、走行安全性について心配しています。

冬でも夏でも、多くのサイクリストがバイクの保管方法や性能、安定性、走行安全性について心配しています。

また、ADOは、消費者の共通の懸念に応えるため、国際的な試験基準とADOの研究所における電動自転車の特性に基づいて、より厳格な高温・低温試験基準を策定しました。テストに関する動画をご覧下さい:

安全第一、予防は治療に勝る。ADO環境シミュレーション実験室では、製品の安定性と安全性を確保するため、実際の極端な温度条件をシミュレートし、製品の耐温性をテストしています。絶対温度のテストだけでなく、電動自転車の電子部品の耐久性については、温度変化の頻度と速度も検討します。

ADO QTL研究所は、様々な国際規格に適合しています。

最初のテストは温度ショックテストです
温度ショックテストでは、2チャンバーの空気対空気システムが使用されます。ホットチャンバーの最高温度は80℃、コールドチャンバーの最高温度は-40℃に設定され、テスターはホットチャンバーとコールドチャンバーの間を数回往復します。このような実験を通じて、弱点が生じ、改善や調整を行うことができます。だから、ADOの製品は極端な温度条件下でも確実に使えます。

80℃高温保存設定

-40°低温保存設定

-40°Cで48時間保管した後

2つ目は高温・低温保存試験です
それぞれ-40℃と70℃の恒温試験室を設置します。電動自転車はこれらの試験室で48時間保管されます。これにより、世界中のあらゆる気候条件でADO 電動自転車を安全に保管する基盤が築かれます。

3つ目は、極端な温度条件下での機能テストです。
ADO電動自転車は-15°Cと45°Cのアウトドア温度で衝撃や負荷をテストします。ADO電動自転車があらゆるコンディションで安全に走行できることを確認するため、テストチャンバー内で12時間連続走行させます。

テストの基準と手順

GB/T 2423.1—2008

GB/T 2423.2—2008

GB/T 2423.22—2002

GJB150.3a-2009

GJB150.4a-2009

GJB 150.9A-2009

GJB360A-1996

ADO 電動自転車は100%のテストに合格することを保証し、あなたの短距離旅行の必需品となります。

.